Tenjin_006 Tenjin_007  Tenjin_004_5 

4月19日(日)
高槻北支部では、毎月1回高槻市 上宮天満宮にて、境内の清掃奉仕活動をさせて頂居ています。
上宮天満宮と豊中教会(高槻支部)とのお付合いは長く、この活動が始まって11年が経ちました。今では参拝に来られたご近所の方も一緒に午前中の2時間程ですが、四季を感じながらちょっぴりいい汗をかかせて頂いています。

又、今回は、境内脇の竹林道整備のお話も頂き、

Tenjin_002_3Tenjin_003

豊中教会壮年部・高槻北支部壮年部計38名の参加で、伐採後の竹の移動をしました。

Tenjin_001_3Tenjin_005_3

竹林に切られた竹を、小道まで下ろし、トラックで運ぶ作業をしました。当日は、天気も好く参加者全員心地よい汗を流させていただきました。

ご高齢(70云才)の方も参加され、急な坂道に立たれ竹を移動していただき本当にあたまの下る思いでした。これからも、このような機会があれば、参加させていただこうと思いました。

立正佼成会ホームページにも この件の記事を 載せてくださいましたので どうぞご覧ください。


[E:present]高槻南支部 富田地区[E:present]

Chikuhouza_001 Chikuhouza_002 Chikuhouza_003

420日(月)13001500田中主任宅にて上田教会長さんをお迎えして、地区法座を行いました。

15名の参加で、普段教会に来られない方も来ていただき、とてもありがたい気持ちで帰られました。

その中でも、教会創立当時からご尽力下さっていた会員さんのAさんから、旧道場建設前の土地の地ならしの事などの様子を聞かせてもらえたり、壮年部Yさんからは、当時の道場で結婚式を挙げられたことなどを聞かせてもらうことが出来て、改めて創立当時の諸先輩の方々が今日まで守って下さったお陰で今の自分たちがあるのだと実感し、感謝させていただきました。

「来年は本教会にとって、創立50周年です!」

「それに向けて1人ひとりが気持ちを一つにして取り組んで行きましょう!!」ということを、教会長さんから教えて頂きました。

上田教会長さん、ありがとうございました。

[E:t-shirt]高槻南支部 青年部[E:t-shirt]

4月25日(日)13:30より高槻市内某ボウリング場にて

支部の中高生の人たちと信頼を計るために、「中高生のつどい」をしました。

初めて会う人も含めて、合計9人の人が参加してくれました。

当日まで様々な状況の変化がある中で、たくさんの方々がご協力して下さり、最後まで諦めずにおこなった結果、楽しい時間を過ごす事が出来て感謝しております。

ボウリングの後は、近くのカフェにてみんなでお茶をしながら「プチ親睦会」が出来ました。

今後も、少しずつこのような企画をしていきたいと考えていますので、皆さんまた参加して下さいね!

(お知らせ)来月5月17日(日)は「青年の日」です。

今回は、豊島公園にてクリーンボランティアを行いますので、時間の空いている方は奮ってご参加下さい!

降誕会花まつりとも呼ばれ 仏教三大行事の一つで お釈迦さまのお誕生日のことです。

お釈迦さまは誕生されると「天上天下唯我独尊」と宣言されたそうです。

<私は天にも地にも ただ一人しかいない存在 自分にしかできない役目をもってこの世に生を受けた存在である。>という宣言とも考えられます。

私たちも一人ひとりが それぞれ尊い役割・使命をもって この世に生まれてきているのです。 

豊中教会では 毎年駅周辺や街角にて 「花まつり」のPRにちらし・甘茶を 地域の方々に配らせていただいています。

[E:cherryblossom]高槻南支部[E:cherryblossom]

4月8日 13:30〜14:15の間 JR高槻駅南口・松坂屋前にて 甘茶を配らせていただきました[E:present]

 最初は通る人に声をかけるのは緊張しましたが、だんだんとなれてきて声をかけれるようになりました[E:happy01]

0408_it_takatsuki_001_2   0408_it_takatsuki_003_r_2   0408_it_takatsuki_002_r_2

『今日は、お釈迦様の誕生日で甘茶を配っています。』と言って、子供連れの方には風船を一緒に渡しました。

パンフレットが絵と文字の2種類あったのですが、皆さん文字の方が良かったようです.

『来年は、両面コピーにするか文字と絵を組み合わせたものを作るといいですね!』と、話していました。

また、ある方は『子供たちに風船を渡す時に、しゃがまずにそのまま渡してしまった...』と反省していました。

常に相手の目線に立って行動することの大切さを実感した一日でした。

   ありがとうございました![E:wink]

        来年も、頑張ります!![E:good]

 

 

 


[E:spade]学生部 スケート大会[E:spade]

3月15日 学生部を中心に男女部さんとともに 浪速スポーツセンターに行ってきました。

教会に集合し はじめにレクレーションをしました。自己紹介で自分のあだ名を発表し 「だるまさんが転んだ」をして [E:happy01]すっかり仲良くなったところで スケート場に出発!!

スケート場ではみんな楽しく滑り 帰る頃には疲れきっていました。スケート場の前で集合写真を撮って なごり惜しくも電車を乗り継いで教会に帰ってきました。

このスケート大会を通して みんな仲良くなり 良い思い出になりました。  これからも 色々な行事を通して 何でも語り合える 仲間の輪を広げ 絆を深めていけたらと思います[E:note][E:shine]


[E:diamond]渉外部[E:diamond]

3月10日(火)13:30〜15:30310_r 

大阪普門館にて 【野宿者問題を考える】「小さくされた者の側に立つ神」というテーマで フランシスコ会司祭 本田哲郎神父さんよりご講演をいただきました。

豊中教会からは 教会長ほか9名で参加いたしました。

 

私達はよく「相手の立場になって」とか、「人さまの気持ちを大切にしましょう。」と教えて頂いておりますが、大切にすると言うことは、「相手の人格の尊厳を認めたかかわりが持てて居ますか。大切にしていますか。」との問いかけにこころの持ち方を改めて確認させて頂きました。

愛は役割を終えたら薄らぐもの、あいてをその人として、あいてにとって大事のことを大切にしよう。と学びました。

相手の立場に立っているつもりで、自分を押し付けていないか、相手を傷つけている事がないだろうかと反省させられました。人の痛みを放っておけないこころが持てる私達になれるよう精進させて頂きます。

             

  1月12日(日)豊中教会道場において、

「平成21年次 豊中教会 成人式」をさせていただきました。

   Dsc_0123_r  

 第一部の式典では、上田教会長さんがご挨拶のなかで、新成人者への記念品に添えて、色紙に「蓮華」とお書になったことに触れて、「泥水の中でしか清らかで美しい華を咲かすことができない蓮華のように、どんなにつらいことや悲しいことがあっても、それによって、自分が人間として成長させていただけると受けとめ、親からいただいた尊い命に感謝し、精一杯自分を輝かせて生きていただきたい」と法華経に説かれた生き方を教えていただきました。

 第二部の[E:bell]レセプションでは、新成人者を取り囲んで、一般の方の作って下さったまごころの[E:bar]手料理に「めっちゃおいし〜い」と舌鼓を打たせていただきながら、歓談し、近畿ブロック礼求(レク)道直系の楽しいレクリエーション、全体を和やかな雰囲気に包み込むアンケートによる新成人者の紹介が行われました。

 また、新成人者の皆さんだけでなく、お祝いに駆けつけられた壮年部さん、一般さんもいっしょになって、青年男子部のハチャメチャなギャグの連発に大笑いし、青年女子部の可憐な歌に酔いしれ、学生部の躍動感溢れるヒップホップダンスに老若男女身をゆらし、教会の大黒柱である壮年部さんの「河内のおっさんの唄」の替え歌「豊中のおっさんの唄」に人生の先輩としての大きさを感じ、楽しくひと時を過ごさせていただきました。

 そして、クライマックスとなる恒例の「親からのメッセージ」では、新成人者一人ひとりに対し、親からのメッセージが読まれ、[E:confident]今まで育ててくれた両親の思いを知って涙を流し、いままで親からたくさんいただいた愛情への感謝と、これからの人生に対する決意を新たにさせていただきました。

豊中教会の成人式に参加していただいた豊中教会の各支部と光澍生の新成人者の皆様、どうぞ、これからも青年部の仲間として、いっしょに青年部活動で心を磨き輝かせていきましょう!

 [E:ribbon]本当に成人おめでとうございました![E:ribbon]

  成人式の模様はこちら[E:paper] 「hp.doc」をダウンロード


[E:sun]Img_0048_r 敬朗会参加の皆さん

11月3日(日)豊中教会にて敬朗会

(豊中教会ではあえて敬老の「ろう」は「朗」としています)を

催しました[E:bud]

諸先輩方183名にご参加頂き、踊りやコーラスなど[E:note]

楽しく1日を過ごして頂きました.当日芳澍ピースアンサンブルの

皆様にも参加して頂きすばらしい演奏を聴かせて頂きました。[E:notes]

Img_0213_r コーラスImg_0178_r 大正琴

Img_0034_r 芳澍ピースアンサンブル


10月16日 豊中教会のキッチンで

豊中北支部婦人部が教会内の方を講師として

「玄米ごはん[E:riceball]の炊き方」を教えていただきました。

Cimg2569_2 Cimg2572 

Cimg2573「レンコンとゴボウのキンピラ」
れんこん、ゴボウ、ニンジンはアク抜きせず皮のまま、 
お水と醤油だけをゆっくりやさしく入れて静かに炊きました。
アクが甘みに変わるそうです。

Cimg2575 自家製味噌と教会で育ったオクラとネギを戴きお味噌汁も作りました。

玄米ごはんにかかってるのは自然塩で作った手作りのごま塩。

材料の旨みを生かした作り方で自然で素朴なやさしい味に仕上がりました。

美味しかった〜。講師さん有難うございました。

平成20年9月7日 丹波の森公苑ホールにて [E:ribbon]弟6回近畿ブロック 少年少女フェスティバル[E:ribbon]が行われ、豊中教会からも「豊中キッズブラザーズ」として28名が参加しました。

_r_5 

少年部の活動では[E:one]『呼ばれたら「はい」と返事をする』[E:two]『あいさつをする』[E:three]『はきものをそろえる』の三つの実践ができる子の育成をねらいとし、前年11月より毎月2回 先生やリーダーさんの指導のもと楽しく練習してきました。

_r _r_2 _r_4 

本番前にはメンバーを代表し二人の姉妹が 「やりたいと思って始めたバトン、自分の努力と指導してくださる先生のおかげさまで上達してきた喜びと、三つの実践ができるようになった喜び」を発表してくれました[E:karaoke][E:scissors]

三曲にわたり [E:notes]フラッグ[E:notes]バトン[E:notes]ポンポン[E:notes]の各パートで精一杯舞台で演技をし、客席からは父母・スタッフ達が白いポンポンを振りながら大きな声援と 胸いっぱいになる 感動・感激・感謝!よく頑張ったね[E:shine]と精一杯の拍手を送り、お互いが一体となりました。

Photo_6 

[E:note]子供たちの感想[E:note]

・楽しかった!・来年も絶対やる!!・次はバトンで出たい! と目を輝かせて言い、先生にも「来年もよろしくお願いします!」と言っていました。

[E:note]スタッフ後記[E:note]

フェスティバルを通しあいさつ・元気な返事・片付けなど 少しずつ出来るようになったり、元気のない子に声をかけ思いやりをかけている姿に喜びを感じ、私たち大人が純粋な子供からたくさんの学びをいただいております。フェスティバルに出場するためには、教会長さん・ご父兄の方々・多くの方々の応援をいただいていることに感謝しております。