2月会長法話

  • 2019.02.01 Friday
  • 09:16

 

人を思いやる「心の習慣」

 

得は徳に通じる。

 私たちはふだん、ものごとを損得勘定で判断し、得のならないことはには消極的になりがちです。

人は、なかなか欲得ずくの心を超えられないのです。            

   損得の「得」は道徳の徳に通じる、といわれます。

一文の得にもならないと思われることであっても、人さまを思うがゆえの実践は、それを行う人の徳分として、人間的な成長など尊い心の財産になります。

人として成長したいと願う欲得が、人間性の向上という「徳」を招き寄せたいと願う欲得が、人間性の向上という「徳」を招き寄せるという意味で、「得」は「徳」に通じるということです。

 無量義経に、「自分本位のとらわれや執着を離れて、ものごとの真実を見極めるよう精進することが大切です」

 

すべては一つ。

 自分と相手を一つと見ることです。さらに、さらに、すべてを一つと見れば、人の喜びや悲しみがよくわかり、そうしてわきあがる憐みの心や慈悲の心に突き動かされて、思いやりを行動に移せるのです。

「すべては一つ」という見方によって、思いやりが「心の習慣」になるということです。

           

 いつでも、だれに対しても、自然に思いやることができるよう

私もいっそう精進をしてまいりたいと思います。

 

平成31年2月1日              合 掌

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM