スポンサーサイト

  • 2020.01.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    1月会長法話

    • 2019.01.01 Tuesday
    • 06:51

     

    みんな善の根っこをもっていいる

     

    新年、おめでとうございます。本年も、ともども心楽しく、ひたすらに仏道を歩んでまいりましょう。

    教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

     

    今月のご法話「みんな善の根っこをもっている」

    (1)乾いた根に潤いを与える

    法華三部経のなかの無量義経に、「衆生の諸有の善根を潤漬し」(徳行品)とあります。善根とは、善い果報をもたらす土台となる根っこのことですが、「だれにも仏と同じ性質が具わり、みんな仏のあらわれである」ということを示す「仏性」と同じ意味あいと、私は受けとめています。ですから、だれもが善根をもっているといえるのです。ただ、その根っこが健やかに育ち、伸びるには、乾いた根に活力を与える潤いが欠かせません。

    (2)ほんとうの「正定聚」に

    無量義経の一節は、先の「善根を潤漬し」のあと、「善の種子を布いて功徳の田に遍じ」と続きます。「世のため人のために尽くす行為の本になる、善の種子をたくさん播こう」−要するに、「仏の教えを伝えて、自分も人も一緒に幸せになろう」と、「布教伝道」を説いているのです。

     私たちにとって大切なのは、まず「身近な人の善機縁になろう」と願って生きることです。人を思いやるやさしい言葉や態度が、苦しむ人の根に潤いをあたえるからです。

    みんなが「仏さまのようになりたい」と決意し、救いを求めるすべての人にとって、いつでも心安らぐ「正定聚」でありたいと思います。

     

                                    合掌

      平成31年1月1日           

    スポンサーサイト

    • 2020.01.31 Friday
    • 06:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM