12月会長法話 「使命にめざめる」

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 06:28

12月会長法話「使命にめざめる」

 日々ありがとうございます。

12月は、月ごよみでは、師走( しわす ) と言います。

僧が読経( どきょう ) のために東西を馳せる ( はせる

「師が馳せる月」から「しはせつき」となり、「しわす」になったといわれます。「師」は「僧」を表わし、

「馳せる」は「走る。急いで行く」の意味です。          

                                          

 

道を楽しむ人に

 −なにごとも楽しいと受けとめる−

そういうものの見方をこころがけていると、気持ちが楽になって、目先の苦に迷うことのない、ほんとうに安楽な人生を歩めるのです。

 

願いをもって

仏さまのように、ものごとをありのままに見ること(( しょう ) ( けん ) )によって、静寂で澄みきった心

 (( しょう ) ( じょう ) )を得る。

 

それは、「あの人の苦しみを取り除いてあげたい」「この人が慈悲の心を得るお手伝いができたらいいなあ」といった、菩薩としての願いをもって生きるということでもあるのです。

 

 私たちはみな、お互いに生かし生かされています。

そのなかで、仏の教えをとおして人間らしい生き方を学んだ私たちは、

仏への道を歩みつつ、一人でも多くの人の仏性開顕(ぶっしょうかいけん)いう使命を果たしていきたいと思います。

                                                                           佼成 12月号より

                                                                                                                 

                                                                                       合 掌

          

                                                                                平成30年12月1日            

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.30 Monday
  • 06:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM