日々ありがとうございます。
  三寒四温を繰り返しながら、春がそこまで来ています。
  今月も会長先生のご法話を通して、自らの心田を耕し、明るく・優しく・温かく菩薩行ができるよう精進してまいりましょう。


前向きの力がわいてくる

・私たちは自分の思い通りにならない現実を不満に思い、マイナスのこととしてみる傾向があるようです。
・「いやだ」「なんでこんなことに」と不満に思ったところで、
現実はどうなるものでもありません。
・ならば、「いやだ」と思うその感情をいったん離れ、客観的に、そして肯定的に現象を観察してみてはどうでしょうか。
・視野を広げると、心も豊かになると思うのです。
・肯定的に受けとめれば、その瞬間からいま・ここの苦しみや悲しみが和らぐばかりか、のちの人生の充実につながるエネルギーが蓄えられると思うのです。

何事も肯定的に前向きにとらえることが幸せにつながる生き方なのだと思い、精進させていただきたいですね。

大らかに

・ものごとを多面的に見ると、どれほどつらく苦しいことのなかにも、必ず「有り難い」と思える要素が見出せます。
・なぜなら、この世に無駄なものは一つとしてないからです。
・私たちが見たり聞いたり経験したりすることはすべて、「肯定、肯定、絶対肯定」する以外に、受けとめようがないということです。
・自分の思い、つまり我でものごとを見る時、人はやさしさや素直さを見失いがちなのです。
・ものごとを肯定して見るとは、大らかに楽々と生きるということです。


いま目の前のあることの一つ一つにていねいに向きあい、「有り難い」と受けとめ、大らかに生きていきたいものです。

 今月は創立記念日の月です。開祖さまの創立の精神「現実に、人を救い、世を立て直す」の願いを深く心に刻み、布教精進させていただきましょう。
                                合掌
       
  平成29年3月1日           教会長  西村 季代子

コメント
コメントする