日々ありがとうございます。
 4年に一度の2月29日が過ぎ、1日得をいただいたような2月でした。これからは三寒四温を繰り返しながら春に近づいていきます。
 今月も会長先生のご法話を通して、自らの心田を耕し、明るく・優しく・温かく菩薩行ができるよう精進してまいりましょう。

  悪いこととは何か

・悪いことをしないのは、
・悔いのない日々を送るため。悔いのない日々とは、心がいつも晴れ晴れとして楽しく、充実した毎日をすごすこと。
・真理・法にそった言行が善であり、自他の命の尊厳を軽んじる言行が悪である。
・十悪を犯さないところに私たちの学道<仏道を学び修行する>があり、それが「人となる道」。

 
悔いなく生きるためには悪いことはしない。この人生の鉄則を守り、十悪(身の三悪、口の四悪、意の三悪)を律していきたいものです。

  善いことをする

・仏さまの教えに結縁し、人として大事なことに気づけたからこそ、悪をなさないですむ。 
・「ある行為をして後悔せず、うれしく喜べたらなら、その行いは善い」(釈尊の言葉)。


 釈尊の願い・開祖さまの願いを我が願いとして、日々を明るく、楽しくすごしてまいりましょう。

 今月は教団創立78周年記念日の月です。本会の創立の精神をしっかりと認識し、新たな決意で布教精進することをお誓いさせていただきましょう。
 
  平成28年3月1日        教会長  西村 季代子   合掌