4月 会長先生 ご法話

  • 2019.04.01 Monday
  • 10:46

4 月 会 長 法 話

香 る 風 の よ う な 人 に

 

1)心に香風が吹きわたる

春の花の代表格は桜ですが桜の花を見るよりも先に、梅や沈丁花(じんちょうげ)や辛夷(こぶし)の甘い香りをのせた風に春が訪れた喜びを実感する人も多いのではないでしょうか。

 その喜びにも通じる言葉が、法華経の「序品」にあります。

栴檀( せんだん ) 香風 ( こうふう )   ( しゅ ) ( こころ ) 悦可 ( えっか ) す」

―この一説を開祖さまは、「仏さまの香風が衆生の心の中に入ってくると大歓喜が生じる」と、簡潔に説明しています。

 仏の教えに出会えた私たちは、その教えを聞き、学び、実践していくなかで数々の気づきを得ます。

いやだと思っていた人やものごとに感謝ができるようになったり、それまで幸せだと感じていたことは自己中心の思いに過ぎなかったと気づいたりして、生き方が変わるのです。

 そうしてほんとうに大切なことに気づき、悩みや苦しみから解き放たれた悦びを、私たちは「教えによって救われました」と、思わず口にします。

それが、開祖さまのいう「大歓喜が生ずる」でしょうし、そのときの人は「悦可」しているのです。

ちなみに「悦」という文字は、心のわだかまりをとり去る悦びを意味します。

 

 (2)みんな「徳のある人」

  法句経に「徳のある人びとの香りは風に逆らっても進んでいく」「徳のある人はすべての方向に香る」とあるように、人の心「悦可」するには「徳分」が 必要という見方もできそうです。

 よく「私のは徳がない」とか「あの人には徳がある」といったりしますが、修養や善行の積み重ねが「徳分」を身につける決め手なのかもしれません。

私たちがいま、この世に一つの命を授かって生きているというのは、大自然の徳はもちろん先祖や親の徳をいただいているからです。一人ひとりが、すでに豊かな徳を具えているということですから、私たちは自らの「徳分」に気づいて、それを成長させれば、だれもが香風を運ぶ「徳のある人」になるもです。

そこで大切なのは、「有り難い」という気持ちです。なにごとにも感謝を忘れないで素直で謙虚な人には、自然に人が引き寄せられます。そのうえで示す、明るく、やさしく、あたたかい態度や言葉は、持ち前の徳をいっそう香らせることでしょう。思いやりをもって和やかにふれあうそこに、教え の香しい風が吹きわたり、それが人を憩わせるのです。

   釈尊の降誕月である四月をもって、平成が改元されるといわれます。これは、平和を醸成する務めがマンネリに陥らないよう、心を新たに切り替える機会をいただいたものと、私は受けとめています。仏の教えという香風を運ぶ生き方が、いっそう大切になります。

                                                                                                                                                                                                   合掌

                                                 佼成4月号より抜粋

                                                                         平成31年4月1日           

 

3月会長法話

  • 2019.02.28 Thursday
  • 23:44

 

自他の幸せを願う心

 

今月5日は、教団創立記念日の月です。本会の創立をお祝いするとともに、創立の意義を深く認識し、

新たな決意で精進することをお誓いさせていただきましょう。

 

(1)「仏の子」だからこそ

私たちはみな、だれもが、自分や家族の幸せを願っています。  

そして、同時に他人の幸せを願う心も、私たちは持ち合わせています。つまり、「仏の子なので、人びとの苦しみを除き、災難から救って、安楽な気持ちにしてあげられる」というのす。          

すると、私たちに「仏の子」という自覚があるかないかが大事になりそうですが、実際にそのような自覚をもって人とふれあっている人はすくないかもしれません。

ただ、たとえば「私たちの命は本来、無常であり、無我なのだ」ということが分かったら、その人は、「仏の子」だと思うのです。

 三法印(諸行無常、諸法無我、涅槃寂静)について自ら学んだり、あるいは人から聞いたりして、「ほんとうにそうだな」と胸に落ちるのは、「仏の子」だからです。

 「ものごとは変化してやまないのだ」とか、「みんな仏性のあらわれで、この世のすべてが大調和している」と気づいたならば、それは、「仏の子」に自覚に違いなく、その人は自他の幸せを願い、周囲に幸せを運ぶ菩薩の一人といえるのです。

 

(2)生きた経典として「入会者即布教者」

    経典には、「自分がまだ迷いから抜けだすことができていなくても仏の教えを聞いた人は苦しむ人たちを救うことができる」とはっきりと示されています。 

 未熟でも、仏の教えが真理にかなっているからです。誰もが人と調和したいと願っているからです。

                

いつでも、だれにでも、「明るく、優しく、温かく」の姿勢を忘れないことです。                       

相手を思いやる姿勢に徹する人は、自他に幸せを運ぶ「生きた経典」となり得るのです。

                      

                    佼成3月号より抜粋       合掌

  平成31年3月1日           

 

2月会長法話

  • 2019.02.01 Friday
  • 09:16

 

人を思いやる「心の習慣」

 

得は徳に通じる。

 私たちはふだん、ものごとを損得勘定で判断し、得のならないことはには消極的になりがちです。

人は、なかなか欲得ずくの心を超えられないのです。            

   損得の「得」は道徳の徳に通じる、といわれます。

一文の得にもならないと思われることであっても、人さまを思うがゆえの実践は、それを行う人の徳分として、人間的な成長など尊い心の財産になります。

人として成長したいと願う欲得が、人間性の向上という「徳」を招き寄せたいと願う欲得が、人間性の向上という「徳」を招き寄せるという意味で、「得」は「徳」に通じるということです。

 無量義経に、「自分本位のとらわれや執着を離れて、ものごとの真実を見極めるよう精進することが大切です」

 

すべては一つ。

 自分と相手を一つと見ることです。さらに、さらに、すべてを一つと見れば、人の喜びや悲しみがよくわかり、そうしてわきあがる憐みの心や慈悲の心に突き動かされて、思いやりを行動に移せるのです。

「すべては一つ」という見方によって、思いやりが「心の習慣」になるということです。

           

 いつでも、だれに対しても、自然に思いやることができるよう

私もいっそう精進をしてまいりたいと思います。

 

平成31年2月1日              合 掌

1月会長法話

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 06:51

 

みんな善の根っこをもっていいる

 

新年、おめでとうございます。本年も、ともども心楽しく、ひたすらに仏道を歩んでまいりましょう。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「みんな善の根っこをもっている」

(1)乾いた根に潤いを与える

法華三部経のなかの無量義経に、「衆生の諸有の善根を潤漬し」(徳行品)とあります。善根とは、善い果報をもたらす土台となる根っこのことですが、「だれにも仏と同じ性質が具わり、みんな仏のあらわれである」ということを示す「仏性」と同じ意味あいと、私は受けとめています。ですから、だれもが善根をもっているといえるのです。ただ、その根っこが健やかに育ち、伸びるには、乾いた根に活力を与える潤いが欠かせません。

(2)ほんとうの「正定聚」に

無量義経の一節は、先の「善根を潤漬し」のあと、「善の種子を布いて功徳の田に遍じ」と続きます。「世のため人のために尽くす行為の本になる、善の種子をたくさん播こう」−要するに、「仏の教えを伝えて、自分も人も一緒に幸せになろう」と、「布教伝道」を説いているのです。

 私たちにとって大切なのは、まず「身近な人の善機縁になろう」と願って生きることです。人を思いやるやさしい言葉や態度が、苦しむ人の根に潤いをあたえるからです。

みんなが「仏さまのようになりたい」と決意し、救いを求めるすべての人にとって、いつでも心安らぐ「正定聚」でありたいと思います。

 

                                合掌

  平成31年1月1日           

12月会長法話 「使命にめざめる」

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 06:28

12月会長法話「使命にめざめる」

 日々ありがとうございます。

12月は、月ごよみでは、師走( しわす ) と言います。

僧が読経( どきょう ) のために東西を馳せる ( はせる

「師が馳せる月」から「しはせつき」となり、「しわす」になったといわれます。「師」は「僧」を表わし、

「馳せる」は「走る。急いで行く」の意味です。          

                                          

 

道を楽しむ人に

 −なにごとも楽しいと受けとめる−

そういうものの見方をこころがけていると、気持ちが楽になって、目先の苦に迷うことのない、ほんとうに安楽な人生を歩めるのです。

 

願いをもって

仏さまのように、ものごとをありのままに見ること(( しょう ) ( けん ) )によって、静寂で澄みきった心

 (( しょう ) ( じょう ) )を得る。

 

それは、「あの人の苦しみを取り除いてあげたい」「この人が慈悲の心を得るお手伝いができたらいいなあ」といった、菩薩としての願いをもって生きるということでもあるのです。

 

 私たちはみな、お互いに生かし生かされています。

そのなかで、仏の教えをとおして人間らしい生き方を学んだ私たちは、

仏への道を歩みつつ、一人でも多くの人の仏性開顕(ぶっしょうかいけん)いう使命を果たしていきたいと思います。

                                                                           佼成 12月号より

                                                                                                                 

                                                                                       合 掌

          

                                                                                平成30年12月1日            

 

豊中教会 新任教会長挨拶

  • 2018.12.01 Saturday
  • 06:45

豊中教会 新任教会長挨拶

 

皆さま、こんにちは。

12月から立正佼成会 豊中教会に教会長のお役として、

就任させて頂きました、馬塲 久枝と申します。

人さまの真の救われを願って、一心にふれあいをしているすばらしい信者さんと共に、いたらない者でございますが、法華経の教えを、多くの方々にお伝えし、幸せな人があふれる教会にならせて頂きたいと思います。

皆さま、どうぞ宜しくお願い致します。

 

                    馬塲 久枝   

                                             合掌       

  平成30年12月吉日                                         

 

                                        

 11月 会長先生ご法話

  • 2018.11.01 Thursday
  • 17:27

  日々ありがとうございます。文化の秋となりました。

  豊中教会では、今年、教団創立80周年記念の「発」プログラムの一環として、第1回文化展を34日に開催します。有志の方が計画実施してくださいます。同時に4日は、一食推進・WCRP(カンボジア支援)バザーも開催します。どなたでもお気軽にお越しくださいますようご案内申し上げます。

  教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。 

 

 今月のご法話「『思いやり』を、いつも心に」もつためには

1)「安楽」なときが「正しい」とき

       嵌正道」の七番目「正念」とは、「心を常に正しい方向に向ける」こと・「仏」や「真理」に心を向けることが大切。

     ◆\気靴な向とは、「心がほどけ、安らかで楽しいとき」。

(2)「救ってあげられたら」と願うだけで

       峪廚い笋蠅鬚發辰得犬よう」「あの人を救ってあげられたら」と願うことが、もうすでに思いやりの心が身についている。

     ◆〇念を捨て、自分の「いま」に集中する。さらに、自分の思いは差し置いて、人さまが喜ぶように、幸せでありますようにと願いつつ、心を一つのことに向ける。これも「正念」

 

 今月は、開祖さま生誕会の月です。創立80周年の年、まさにここ(今月)が正念場です。開祖さまの願いを我が願いとし、救われた悦びを感謝でお伝えさせていただきましょう。

                                                                                                                           合掌

  平成30年11月1日            教会長  西村 季代子

会長先生 ご法話 10月度

  • 2018.10.01 Monday
  • 18:54

 

 自他ともに心楽しい精進に

 

 日々ありがとうございます。

 先月は、台風が2度も大阪に直撃し、たくさんの被害をもたらしました。

被害に遭われました方々にお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い復興をお祈りさせていただきます。

 教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

 今月のご法話「自他ともに心楽しい精進を」するためには

 (1)樹木が紅葉するように

     峭藩佞靴討修譴盪兇蟾圓桜かな」与えられた生をひたむきに全うする桜木のありように胸がうたれる。                「まじり気のない自分本来の力を、まっすぐに発揮していこう」ということ。

   ◆ 崚恵麓然の理に随って生きるように」と勤めることが精進。

 

 (2)本来の自分に出会う

    ,箸どき顔をだす自分のわがままな心を反省したり、サンゲしたりしながら本来の自分に帰る。

   ◆崟鎖覆鬚箸して本来の自分(仏性)に出会う喜び」・・「人の喜ぶことをしよう」「人に親しまれる

         自分になろう」「自分に恥じない行動をしよう」「人にはやさしく親切にしよう」「絶対に怒らない自分          になろう」(日々くりかえし自分に言い聞かす)

今月は、開祖さま入寂会の月です。創立80周年の年、開祖さまを偲び、「追慕・讃歎・報恩感謝・継承・誓願」の意を新たにし、覚悟をもって楽しく布教精進をさせていただきましょう。                  合掌

平成30年10月1日                                                    教会長  西村 季代子

支部懇親会報告

  • 2018.09.22 Saturday
  • 10:56

吹田支部の集いを行いました

日 時:826日(日)

  目 的:支部会員の親睦と絆を深める

  内 容:アサヒビール吹田工場見学と中華ランチバイキングを企画しま

            した。

参加人数:40名(大人37名・子供3名)

行 程 .▲汽劵咫璽訖疆長場見学

         気温36度以上の猛暑の中 会社の生い立ち・工場の生い立ち

               な説明を受ました。

  工場内ではビールの出来るまでの原材料や工程を教えていた

 だきました。

  原材料の大麦を試食ができました。

 (甘くて薫りが有り美味しかったです)

  最後にビールの試飲が有り、3種類のビールを試飲!。

          (よく冷えていて美味かった!!

 

中華バイキング

  タワービル38階の展望レストランで親睦ランチをしました

  地上180メートル(店舗ホームページに依る)からの展望は 

 生駒の山並みから吹田市内・大阪市内・六甲の山並みまでも

 綺麗に一望でき圧巻でした。 

  支部の皆さんとも、和やかに会話も弾み、楽しい時間を

 共有できました。

 

感想・功徳

大勢の方が元気に参加出来ました

家族連れや初めて参加された方々も何人かおられ笑顔の

輪が咲き、家族愛の溢れる支部活動が開催出来た事に

感謝です。

 

                           合掌

9月度 会長先生ご法話

  • 2018.09.01 Saturday
  • 07:59

あらゆる「いのち」に奉仕する

 

日々ありがとうございます。

9月になってもまだまだ猛暑日が続いています。最高気温が「32℃」と聞くと「今日はちょっと涼しい?」と思ってしまう異常さも体感しながら、人間の体の対応能力に感動しています。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「あらゆる『いのち』に奉仕する」ためには

(1)感謝し、仕える

 ,△蕕罎襪發里鯒劼犁せち、感謝の念は、仕事はもちろん、私たちの生活すべてにわたる「正しい」生き方の根本です。

◆,修竜せちがあれば、不平や不満を抱くことなく、素直に、喜びをもって目の前のことに打ち込むことができるのです。

(2) 正しい命の使い方

 崟橘拭廖僻正道)・・・「正しい命の使い方」〜目の前のことに一所懸命に尽くすこと。そのときその人に神仏から与えられた、いわば天命ともいえるお役を素直に受けとめて、楽しくつとめる。

◆崟妓」は実践の始まりであって、また終わりである。つねに正見から外れないようにしなければならない。ものごとをありのままにみる「正見」がすべての基本。

 

  今月は、脇祖さま報恩会の月です。慈愛に満ち溢れる脇祖さまに倣って、在家仏教徒として基本信行を大事にして日々精進させていただくとともに、地区(組)彼岸供養に新しい人をお誘いして、おしみなくつながり、ご先祖さまに喜んでいただけるよう布教精進をさせていただきましょう。

                                合掌

  平成30年9月1日          教会長  西村 季代子

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM