8月会長法話 

「敬う心と恥じる心」

 

日々ありがとうございます。

先月は、西日本豪雨災害、台風と6月の大地震に続き自然災害に覆われました。自然には逆らえませんが何とも言えぬ思いが残ります。亡くなられた方のご冥福と被災された方の一日も早い復興をお祈りしております。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「敬う心と恥じる心」をもつためには

(1)仏さまからのアドバイス

 崟宜圈廖僻正道)・・「生き物を殺さない」「盗みをはたらかない」「よこしまな男女関係を結ばない」が、正しい身の行い。

◆_めというよりも、私たちが日々を明るく、楽しく生きるための助言と受けとめるほうが自然に思える。

(2)「正行」が当たり前に

 峅律を守らなければならない」と意識する以前に、いつでも自然に「苦悩しないですむような行い(正行)をせずにはいられない」ようになればいいのです。

敬う心と恥じる心は、進歩・向上を求める人間の本能に通じるといわれます。つい我(われ)を忘れて道を踏みはずしそうになる私たちを、本来の人間らしい生き方に立ち戻らせるのも、この二つの心です。

 

  今月は、戦争犠牲者慰霊・平和祈願の月です。戦争で犠牲となられた方の思いや願いを受けとめ慰霊し、正行の実践をし、私たちの幸せをだれよりも念じてくださる両親やご先祖の愛心を、しっかりとかみしめながら先祖供養と揺さぶるような布教精進をさせていただきましょう。

                                合掌

  平成30年8月1日           教会長  西村 季代子

 

7月会長法話 

「和らぎをもたらす言葉」

 

日々ありがとうございます。

先月18日朝、大阪で震度6弱の地震がありました。23年前のあの阪神大震災を彷彿(ほうふつ)させるような大きな揺れでした。中でも、高槻市、茨木市、箕面市が被害が多かったです。亡くなられた方のご冥福と被災された方の一日も早い復興をお祈りしております。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「和らぎをもたらす言葉」を発するためには

(1)正直に、誠実に

 崟妓譟廖僻正道)・・「正しく語る」「有益な言葉を語る」「その場が和むような会話を自然にしていく」「人の意見をよく聞いて思いをくみとる姿勢になる」「自我を抑えた公平な態度から発せられる言葉を使う」

◆峺の四悪」・・妄語(うそ)・両舌(二枚舌)・悪口・綺語(口から出まかせ)、「意の三悪」(貪欲・瞋恚・愚痴)とともに正しい言葉と正しい心をもって接していく。

(2)かなしみを抱いて

 崟妓譟廚涼罎砲蓮∋しみ、悲しむ心と、相手の幸せを念ずる情が籠められている。(母親がわが子をいとおしむ心)

◆岼Ω譴楼心よりおこる、愛心は慈心を種子(しゅうじ)とせり」(道元禅師)、良寛さんの涙(甥を思って流した一筋の涙)、慈愛に満ちた沈黙によって伝わる「正語」もある。

 

  今月は、盂蘭盆会の月です。私たちの幸せをだれよりも念じてくださる両親やご先祖の愛心を、しっかりとかみしめながら先祖供養と揺さぶるような布教精進をさせていただきましょう。

                                合掌

  平成30年7月1日             教会長  西村 季代子

「踏みとどまる」

 

日々ありがとうございます。

梅雨入りも間近となり、あじさいの美しい季節となりました。あじさいの色の七変化のように心をいつでも相手や情況に合わせていきたいものです。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「踏みとどまる」ためには

(1)まず、ひと呼吸おく

         仝羲圈柄る車をおさえるように、むらむらと起こる怒りをおさえる人)になる。

           ◆嵎さまはどうお考えになるだろう」「どうなさるだろう」

「親父ならどうするだろう」「母なら・・・」とお手本を思い浮かべ、怒りや欲やわがままな気持ちを落ち着かせる。

   (2)思いやりの心で

 崟技廖廖僻正道)・・「意の三悪」(貪欲・瞋恚・愚痴)をなくし、大きな心で考える。欲ばる心→分け合う心、怒りの心→あたたかく接する心、他を蔑ろにする心→いたわる心に言い換えることができる。

◆嵬曚靴涜斥曚稜,、清風の如く、柱の如く、石の如く」のように、静かに大自然のありようを想い、心の枠を広げる。天地自然と私たちが一つであるように、目の前の人とも一つなのだと気づき、御者となり仏さまのような大きな心で、感謝の人生を歩むことができる。

 

  今月は、上半期を振り返り、反省内省をし、下半期に向けて、「正思」の心で目の前の方に接し、布教精進させていただきましょう。

                                合掌

  平成30年6月1日         教会長  西村 季代子

5 月 会 長 法 話 

「楽しく生きる」

 

日々ありがとうございます。

風薫る5月に入りました。さわやかな季節とともに心も体もさわやかな月にしていきたいものです。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「楽しく生きる」ためには

(1)どちらの見方をする人が、楽しく生きられる?

 嵜佑せっかく寒修行をしているのに、どうしてこんなに雪が降るんだ!」

◆崟磴里かげで、ほんとうに寒修行らしい修行をさせていただけて、ありがたい!」

※  △慮方に軍配が上がります。天地自然の変化を素直に見て、それをありのまま受けとめていることがすばらしいです。

※  ものごとを「正見」で見るかどうかで違いが顕れます。

  (2)「中道(かたよらない)が大事」

    八正道の「正見」とは、天地自然の働きを素直に見る見方。また、自己中心の見方で見ると、不平や不満、怒りを覚えることも、大らかに受けとめることで、気持ちが楽になる見方のことです。

これは、「諸行無常・諸法無我・一切皆苦」というこの世の真理に照らしてものごとを見る、仏さまの教えに則って生きる基本です。

 

  今月は、「青年の日」。青年の「発」を大切にして、青年が中心となって計画実行します。温かい眼差しと「正見」の見方で楽しく布教精進させていただきましょう。20日(日)には、たくさんの青年をお手取りしてくださいますようお願いいたします。

                                合掌

  平成30年5月1日         教会長  西村 季代子

4月会長法話 

「円満な人になる」

 

日々ありがとうございます。

例年に比べ、桜の満開の時期が早いですね。そして、この桜の時季が10日間続けて晴れること、雨が降らないことは50年ぶりだそうです。初夏を思わせるような日が続いています。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「円満な人になる」ためには、

    あいさつ一つで人の心を動かし、職場に和らぎをもたらすことができる。あいさつ一つで足りないところの多い私たちですが、だれもがみな、仏性を具えている証といえる。

    悲しみを知る人になる。

  困難が教えてくれる「感謝の種」に気づける喜びこそ信仰の醍醐味、真骨頂である。

   円満とは、なにごとも「ありがたい」と感謝で受けとめられる温かな充足感そのもの。

  悲しみやつらさをとことん味わったからこそわかる、人の心の痛み、そこからわき出る慈悲の思いがおのずから人を救う智慧を発さしめる。

 

 今月は、お釈迦さま降誕の月です。お釈迦さまの生誕と私たちの願生(慈悲と智慧をあますことなく発揮するために、この世に願って生まれてきた)をしっかりとかみしめて布教精進していきましょう。

                                合掌

  

平成30年4月1日             教会長  西村 季代子

 

3月会長法話 

教団創立80周年を迎えて「地域の人びとと共に、幸せに」

 

日々ありがとうございます。

三寒四温を繰り返しながら春がもうそこまで来ているようです。先月のピョンチャン冬季オリンピックでは、日本は歴代最高のメダル獲得と入賞者でした。それぞれの選手が目標に向かい、志を持って努力精進していく姿は、私たち布教者にとっても同じことだなと思いました。後ろ向きになるときや諦めかけるときもあるけど、前を向いて精進していきたいものです。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、「仏さまとつながろう!すべての会員とつながろう!青少年とつながろう!」の志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

今月のご法話「地域の人びとと共に、幸せに」の中で、開祖さまが50周年の年に示された決意「究極の目標は世界人類の救済にあろうとも、あくまでも身辺のことをおろそかにせず、まず目の前の一人を救い、おのれの家庭を調え、地域社会の浄土化へ進むという、着実な歩みも忘れてはならない」をしっかりとかみしめ、会長先生の「(地域の)みんなが幸せになることによって、私たち佼成会員の幸せもある」というご法話を心にきざみたいものです。自分の幸せだけではなく、みんなの幸せを願いながら、生活の一つ一つをおろそかにしないで明るい家庭・地域・社会にしていきましょう。

「出入口」という言葉は、まず出ることから始まります。こちらから一歩踏み出さなければ入ってきてはいただけないのです。身近な人や近所の人に私から元気に「おはようございます」「こんにちは」のあいさつをしていきましょう。

今月は、創立記念日の月です。たくさんの感謝の心で菩薩行を実践し、彼岸供養(地区・組)に地域の人もお誘いしてともに幸せになれますよう念じながら布教精進させていただきましょう。

 

                                合掌

  

平成30年3月1日             教会長  西村 季代子

 

2月会長法話「人生を厳粛なものに」

 

日々ありがとうございます。

寒い日が続いています。全国的に大雪のところも多く、先月寒修行の最終日の朝には教会の敷地も一面の銀世界でした。私が就任して以来初めてのことです。雪がちらつくことは何度かありましたが、この日のような積雪は初めてでした。最終日のお役は、青年部でしたので、「この雪のような真っ白い心で今年は『発』をもってがんばろう。」と伝えさせていただきました。力強い青年のお役ぶりを見て、「20年後、教団100周年は大丈夫!」と確信しました。

教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、志を持って、今月も明るく、優しく、温かく、一人ひとりの心田を耕していきましょう。

 

 

今月のご法話「人生を厳粛なものに」の中で、「厳粛とは、無常観に立って、いまを大切に生きること」、一日を、一時間を、そしていま目の前の一分一秒をおろそかにしないで、ていねいに暮らすことが大切と教えていただきました。すべて目の前に表れることや起こることは、仏さまのはからいと受けとめていくことだと思います。

そして、そのためには、心のスイッチを入れること、心に「ポン」と「真理の電流」を流し、「パッ」と「真理の灯り」をともす。「ポンパでいこう!」とてもいい響きの言葉です。東井義雄先生は、「仕かけはどんなに立派でも、スイッチを入れなければ、灯はともらない」ともおっしゃっています。ご法でいうところの行学二道の教えそのものです。即実践の教えです。

今月は、涅槃会の月です。釈尊は、入滅される前「すべては移ろいゆく。怠ることなく精進しなさい。」といい残されました。無常の法を説き、精進を促された釈尊のお心をしっかりと胸にきざんで布教伝道に邁進していきたいと思います。

 

                                合掌

 

  

 平成30年2月1日             教会長  西村 季代子

 

 

1月法話「明るく、朗らかに」

 

明けましておめでとうございます。

昨年は、今年の教団創立80周年を、精一杯の布教をさせていただいて迎えようと心ひとつに精進させていただき大変実り多き年でした。感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

 

今年は、会長先生より、「自立した信仰へ」と年頭ご法話をいただきました。ゞ誼弔料辰鮹曚い討ださった先達のご恩に報いる決意をし、

誰もがすでに創造的に生きる志を心中に宿していることに気づき、発揮すること。すなわち、一つの目標に精いっぱい力を注ぎ、それが達成できたら、また新たな目標に挑戦する、その繰り返し。

「人を植える」という命題に全力を尽くすことが私たちの務め。「仏さま及び開祖さま・脇祖さまの人を慈しみ思いやるこころ、人間本来のこころ(明るく優しく温かく)を持って、菩薩道(人道)を歩む人」を育成していくこと。そのためには、「三つの基本信行」(「ご供養」「導き・手取り・法座」「ご法の習学」)を徹底すること。つい頼ってしまう信仰から、主体的で、自立した信仰へと生まれ変わり、「自灯明・法灯明」を胸に精進していくこと。

 

開祖さまは、「誰もが間違いなく救われる」法華経の教えを説いてくださいました。教団創立100周年に向けて、「惜しみなくつながる〜菩薩を育てる苗代となる〜」の母型(マザープログラム)を自覚し、志を持って、「明るく、朗らかに」1年を過ごしていきましょう。

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                  合掌

 

   平成30年1月1日           教会長  西村 季代子

 

日々ありがとうございます。

月日の経つのは早いもので、もう師走に入りました。佼成会は12月から新年度になります。80周年を迎えるのにふさわしく、今月は、会長先生より新年度の基本的な心構えをいただいたように思います。一般的には平成29年の終わりの月ですが、1年を振り返りながら反省・内省をし、新しい年を迎えていきたいと思います。

今月も会長先生のご法話を通して、自らの心田を耕し、明るく・優しく・温かく菩薩行ができるよう精進してまいりましょう。

 

  「型」は方便

 

  • 「おはよう」のあいさつをする、はきものをそろえる、呼ばれたら「はい」の返事をする所作を「型」として身につけ、日々実践することが大切。
  • 「所作」とは、仏教で「身と言葉と心の三つのはたらきの現れ」をさす。
  • Q:どのような心を「型」として身につけることが大切なのか。
  • A:思いやりや慈しみを体現し、それを「型」として日々実践することによ                       って、慈悲の心をさらに深く胸に刻みつけていく。
  • 合掌・礼拝や朝夕の読経供養も大切な「型」の一つ。それを通して、「常に思いやりと感謝の心で生きる自分」になる、日々の大切な精進。
  • 「型」を身につけていれば、たとえ少々、心が乱れても、すぐに思いやりや慈しみの心に立ち返れる。

     

    「方便即真実」です。「型」を身につけていくことで、慈悲の心を深く刻みつけていきたいと思います.
                                                                  「型」は無我の践                                                                   

  • 自分勝手な「型」は、「型」とはいわない。むしろ「自分の思いどおりにしたい」というわがままな心を抑えるために「型」があるといえる。
  • いわば、問答無用で実践する機会は、自分の都合を大切にしがちな私たちが、無理なく「無我」になれる瞬間でもある。
  • 法座や読経供養、あるいは「まず人さま」の実践も、それをつづければ仏さまのような慈しみ深い人になれるという「幸せの方程式」として、本会の歴史を支えてきた大切な「型」である。

     

    「幸せの方程式」・「100%救われる法華経の教え」を信じて、基本信行をきちんと実践しつつ、布教精進していきたいと思います。

     

     

    今月は、仏教の三大行事の一つ、成道会の月です。お釈迦さまがお悟りを開かれた日です。成道の意義をしっかりとかみしめ、「型」を身につけ、菩薩行の実践をさせていただきましょう。

                                                                                        合掌

              

    平成29年12月1日           教会長  西村 季代子

     

     

日々ありがとうございます。

木枯らし一番が吹き、いよいよ冬到来が近づいてきました。先月は、支教区青年の集い「萌芽」が大阪普門館で開催され、豊中教会は100名の青年部さんが参加されユニセフ募金贈呈式、中村常務理事さんのご縁にふれ、台風22号をも吹き飛ばすあつい思いを感じて帰ってきました。お手取りありがとうございました。

今月も会長先生のご法話を通して、自らの心田を耕し、明るく・優しく・温かく菩薩行ができるよう精進してまいりましょう。

 

     親孝行に「手遅れ」なし

 

  • 「孝行のしたい時分に親はなし」親孝行は両親が存命のうちに、と考えるのが一般的。
  • 親孝行をするのに、けっして手遅れということはない。
  • 親やご先祖さまに「安心してもらえるような生き方をしよう」
  1. 暮らしの一つ一つに、ていねいにとりくむ。
  2. 日々を明るく、楽しくすごす。
  3. 人に喜ばれるようなことを誠実に行う。
  • お墓や仏壇・ご宝前へのお参りは、それ自体が親孝行。
  • その姿勢がすでに「自分の命の根源に感謝できる人間」に成長している証。

     

    「気がついた時が出発点」ということばがありますが、親孝行に手遅れはないですので、しっかりと今からでも安心してもらえるような生き方をしていきましょう。

     

    「孝は百行の本」

     

  • 開祖さまは、「親孝行」「先祖供養」「菩薩行」の三つが大事と説き示された。
  • 親孝行は先祖供養とひとつながりですから、本会の教えは「親孝行」と「菩薩行」に集約される。
  • 菩薩行とは、仏さまの教えに随って、人を思いやり、周囲の人に喜ばれるような行いのこと。
  • 親孝行も菩薩行も、根本においては一つ。すべてに共通するのは、いま命あることへの「感謝」です。
  • 「孝は百行の本」とは「孝行はすべての善行の根本となる」という意味。
  • 命への感謝がすべての善行の土台となり、それが善なる世界を創造する力になると教える言葉。

     

    自分の命の原点を見つめなおし、あらためて自身の信仰のあり方を振り返り、菩薩行を感謝でさせていただきましょう。

     

     

    今月は、開祖さま生誕会の月です。開祖さまのご生誕をお祝いし、報恩感謝で、一人でも多くの人に仏法をお伝えし、生きる悦びを自他ともに味わわせていただきましょう。

    合掌

              

    平成29年11月1日           教会長  西村 季代子